読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともみの商売繁盛

日々好奇心を持って街を眺めています。 もともと、調査が専門だったので、 あちこちリサーチと称して見て回るのが好きです。 このブログでは、私が目にした「これは使える!」 と思ったものや、商売繁盛のヒントを綴っていければと思います

初ブログ! コンビニの差別化戦略。おでんの看板

 

こんにちは。

はじめまして、

ふたば税理士法人

経営コンサルタントをしております

トモミです。

税理士法人コンサルタント

財務諸表を見て数字をあれこれ?

と思われる方も多いかと思います。

もちろんそういった側面もあるのですが、

私が主に担当しているのは、

「どうすればお客様にお店に興味を持っていただけるか?」

とか

「どうすれば集客UPし、売上をUPできるか」

や、

「どうすれば企業をお客様に印象付け○○といえばここ!」

と思ってもらえるかなど、

いわゆる販売促進や、

集客、ブランディングのアドバイスをしています。

で、

なぜ私がそのような分野を担当しているかは、

プロフィールにあるリンクに

詳しく掲載していますが、

前職でお客様調査などをして、

○○なお客様

(ターゲットを年齢や収入や趣味嗜好でわけて)は

こんな商品が魅力に感じる!

ということを資料を集めて資料にして

検証する仕事をしていた経験を基に、

販促などのアドバイスをしています。

 

前置きが長くなってしまいましたが、

これからこちらのブログでは、

そういった調査で学んだ事を下地に、

街で見つけた、

「商売繁盛のたね」を綴っていきたいと思っています。

このブログが読んでいただいた方の

何かのヒント(たね)に

なっていただけたら嬉しいなと思います。

 

では、

記念すべき?第1回は、

我が家の近所のコンビニの集客努力についてです。

私の住んでいる北海道某市の住宅街にある

ローソンさんの集客は本当にすごいです。

というかちょっとけなげな領域です。

徒歩で5分ほどの所に

以前からセブンイレブンがあり

コンビニの新規出店としては

さほど魅力の所ではなく、

且つ近隣にオフィス街があるわけでもないので、

ターゲットはご近所の人々。

スーパーも徒歩10分圏内にあり、

買物過疎地でもなく、

よくある住宅街ローソンです。

只今どこのローソンでもやっている

おでんの売り込みがすごい。

まず看板

駐車場のスペースに大きく模造紙をデコって作成

 

 f:id:towmo:20140919222140j:plainf:id:towmo:20140919222205j:plain

そして、駐車場の柵にも、

大きくおでん!

f:id:towmo:20140919222401j:plain

車で通りかかっても

「一体何?」

と思ってしまうほど。

もちろん徒歩で見れば

しっかり読んでしまいます。

中ももちろん色々書いてあります。

ここまでくると、

かなりの人が

「おでん美味しいのかな?」

「寒いしちょっと買ってみようかな?」

 

と思うのではないでしょうか。

そして実は更にすごいことに

時々店員さん

おでんの旗振ってます!

寒空で!

「そこまでしなくても~」

「どんだけ一押しなんだ。。」と、

けなげにも見えてきてしまいます。

コンビニという立地と

どの会社のフランチャイズになっているか

(商品展開など)でなかなか

差別化を図りにくい業態でのこの努力、

そして住宅街だからこそ

より効果がある顔の見える売り方

旗振りは特異ですが、

 散歩の途中で遭遇するとつい声をかけてしまいます)

がこの店舗の個性となっているのではないでしょうか。

余談ですが、

私の4歳になる息子はこの作戦?

 の術中に完全にはまり

コンビニを見ると

「おでん!」

と言い買っています。

汁を沢山入れてもらいご機嫌です。

 

模造紙や、

すだれなど使っているものは、

だれでもできることだけど、誰もやいないことをやって」

集客をするよい事例かと

思い第1回目に取り上げました。