ともみの商売繁盛

日々好奇心を持って街を眺めています。 もともと、調査が専門だったので、 あちこちリサーチと称して見て回るのが好きです。 このブログでは、私が目にした「これは使える!」 と思ったものや、商売繁盛のヒントを綴っていければと思います

第2回 お祭りのかき氷 子供のハートをわしづかみ!

第2回は、

お祭りやイベントによくある

かき氷についてです。

どなたも一度は

お祭りなどで買われた

経験があるかと思いますが、

今年8月に

弊社がイベントで

模擬店を出店することがあり

その際に

かき氷を売ったときの

お話をしたいと思います。

 

よくある市販のシロップ

(苺、メロン、ブルーハワイ、レモン)

などを並べた

かき氷は通常差別化しにくいと

思われる方も多いと思います。

実際私も

かき氷を買うときに

わざわざ

「ここで買おう!」

と思うわけでもなく

ただたまたま目に付いた

お店でしか買っていませんでした。

そこで、

弊社のスタッフが考案したのが、

「かき氷2色がけサービス!

 お好きなシロップを

 2色お選びいただけます!

f:id:towmo:20140919224808p:plain

 

大人からすると、

「味まざっちゃうでしょ」

「なんか変な色になるよ。。」

と思ってしまいますが、

子供たちには

大ウケでした。

子供心には

「苺もいいし、

 でも家には普段ない

 ブルーハワイもかけたいし。

 迷っちゃう!」

と思っているところに

「な~に~どっちもいいの~~~」

といった具合なのでしょう。

子供目線で見つめて

「2色いいよ~~」

と微笑めば、

面白いように

子供のお客様が沢山ご来店してくださいました。

そして、

パフォーマンスとして

2人の弊社社員が

両側から

シロップをかけるときの

キッズたちの顔!

見ているこちらも嬉しくなってしまう感じでした。

各色のシロップ自体は

1/2ずつかければ良いので

経費は同じです。

その日のイベントには

他に数店舗かき氷を扱っていたのですが、

我が模擬店の圧勝でした。

余談ですが、

大人の方で

シロップ2色を頼まれる方は

ほとんどいませんでした。

 

大人にはあまり響かないようでした。

大人の方にその代わり響いたフレーズは

シロップ足らなくなったら足しますよ~

でした。

実際問題足りないと

追加にこられた方は数名で

経費がかさむほどでは

ありませんでした。

その後数箇所イベント、

お祭りに行ったのですが

2色がけのお店は見たことがなく、

思いつきで行った

2色がけはなかなかの

ユニークセールスポイントだった

と改めて思います。

 

「だれでもできることだけど、誰もやいないことをやる!」

という

商売繁盛のキホン

少し体現した一日でした。

 

イベントでかき氷をされることがある方はぜひお試し下さい!