読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともみの商売繁盛

日々好奇心を持って街を眺めています。 もともと、調査が専門だったので、 あちこちリサーチと称して見て回るのが好きです。 このブログでは、私が目にした「これは使える!」 と思ったものや、商売繁盛のヒントを綴っていければと思います

物産展での。。機転の効いた会話

みなさん一度は物産展に行かれたことは

あるのではないでしょうか。

普段は遠方で、買うことのできないあの商品

普段は知らなかった商品を試食できる。

その場に行くだけでちょっと楽しい。。

それが物産展の魅力ではないでしょうか。

 

先日、その物産展に行った時の店員さんとお客さんの

やりとりを耳にして、

「うまいな~」と

思うことがあったのでそのことを

今日は書きたいと思います。

 

物産展などの対面販売では

お客様とのコミュニケーションが

重要になり、

ついなんだか買ってしまう。

そんな時がないでしょうか?

 

先日冷凍餃子を販売している店舗で、

「1つ買えば540円」

 「2個で1000円」

という販売方法をしていた所がありました。

 

f:id:towmo:20141201191347p:plain

そのお店で迷っている見ず知らずのお客様2人。。

 

そこで、すかさず店員さん

 「そこの、悩まれているお客様!

お二人、1個ずつで、1000円!どうかな?お客様のコラボ!」

とテンポよくすかさず提案!

 

提案されてお客様もお互い微笑み合い

あれよあれよというまに

お買い上げされていました。

 

その流れるような話術と、接客は

目にも留まらぬ早業でした。

 

お客様に、一瞬にして

購買を即すその話術があまりに見事で

感心してしまいました。

 

ともすると、

拒否反応を示してしまうお客様も

いるのではと、後になって思いましたが

それは、物産展というお祭り気分な所ならではの

空気感が、

「なんか得してる!買っちゃおうかしら。。」

というポジティブな購買行動につなげているような気も、

そして何より、店員さんの巧みな話術とその空気感

がそうさせているのではと思いました。

 

物産展などの対面販売では、

巧みな話術と

機転が大切だな~と感じました。