読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともみの商売繁盛

日々好奇心を持って街を眺めています。 もともと、調査が専門だったので、 あちこちリサーチと称して見て回るのが好きです。 このブログでは、私が目にした「これは使える!」 と思ったものや、商売繁盛のヒントを綴っていければと思います

おみやげ?が楽しみな小児歯科

こんにちわ。

何回か前にも書きましたが

うちには、4歳の子供がいるのですが、

その子供がお世話になっている

小児歯科について今日は綴りたいと思います。

 

f:id:towmo:20150202122337p:plain

こちらの小児歯科に限らず、

子供が行く病院は

子供が怖がらないように

アンパンマンや、妖怪ウオッチなどの

キャラクターが可愛く

飾られていたり

中には、

DVDが流れていたりと

工夫を凝らしている所が

多くあります。

その中でもこちらの小児歯科は、

色々なことで、

「歯医者は怖い」

「行きたくない!」ということを

払拭してくれます。

 

まず、病院に入ると同時に、

どこかのイベント会場に入ったかのように

一斉にゲンキに挨拶が聞こえます。

診察もなんだかその勢いで

子供がオドオドする暇も与えらない程に

てきぱきと行われます。

 

実際の治療については、うちの子供は検診でしか

かかってないので(幸いにもまだ虫歯がないので)

回りの治療を受けている子供様子でしかわからないのですが

それなりに戦い?(結構泣き叫ぶこもいるので)のようです。

ですが、大抵の子供は診察が終了するとけろっとしています。

 

で、

治療が終了すると、

最後に先生の問診(今後の検診などについて)があり、

その時に、必ずおみやげをくれます。

 

そのおみやげも何かお金のかかったものではなく、

幼児雑誌(ウルトラマンや、仮面ライダープリキュア)を

切り取って自前でラミネートをかけたちょっとした

トレーディングカード?的な物をくれます。

※著作の関係もあるので、実行は慎重にしなければいけませんが。

 こちらは、あくまで手作りのメンコレベルです。

 

子供は、数ある種類から自分の好きなモノを選べます。

そして、2つほしい!と思った時は、

次回の診察までそのカードをキープしていてくれます。

 

子供は、次の診察の時にはそのカードが貰える!

と思うので、嫌がらずに、ちょっと楽しみにして

診察に行きます。

(うちの子だけ?ではないはず。。。)

 

 

病院の品質は、

当たり前ですが「治療の良さ」で決まります。

ただ、それだけでは差別化が難しい時代。

 

また、具合が悪くて行くのではない定期的な歯科検診に

行く場所について、子供が喜んで行きたがる仕掛けを

作るというのはすごいなーと思いました。

(もちろん虫歯になっても連れて行きますが)

 

ちなみに、この小児歯科、

子供の小さい友人に教えてもらいました。

その紹介の時に、

「もちろん診療もちゃんとしてるけど

 何より、ちょっと普通の歯医者と違っていい感じだから

 行ってみて!」と言われました。

 

そして行ってみると

まさしく

「普通の歯医者(自分の既成概念の中の)とは違うな~~」と

感じる要素がいくつも。。

その後私も知人に紹介しました。

子供病院って知り合いがいいと話しているクチコミってかなり

強力な、集客力を持っていると思います。

 

クチコミになる要素を作っていく地道な努力が

繁盛店への道なのかと思いました。

(こちらの小児歯科結構流行っているらしいです)

 

実は、今日こどもの歯科検診です。

これも、2週間前ぐらいに、はがきでお知らせが来ます。

(都合が悪いともちろん時間ずらせます)

それも、商売上手と感じるよりは

「忘れなくてありがたいな~」と感じます。

要所要所に、お客様(患者さん)の心をつかむ

仕掛けがあるな~と思いました。

 

 

おまけ

最後にこの歯医者さん。何故かワニガメを飼ってます。

間近で見るとガメラのよう。。

やはり歯(亀は歯では無いですが。。。)が丈夫つながり?

と思ったり。。

怪獣が好きな息子にはそこも魅力なようです。