読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともみの商売繁盛

日々好奇心を持って街を眺めています。 もともと、調査が専門だったので、 あちこちリサーチと称して見て回るのが好きです。 このブログでは、私が目にした「これは使える!」 と思ったものや、商売繁盛のヒントを綴っていければと思います

キャッチフレーズって重要!

本日は、

先日掲載されていた日経MJの記事からご紹介します。

 

「いらいらしない雪かき用スコップあります」

とあるホームセンターが店舗近くの

渋滞の多い(ドライバーがいらいら?しがちな)道路の

そばに出した看板のキャッチフレーズだそうです。

 

この地域は、雪が多く、多くの人が

雪かきをする時のスコップに

「雪が滑り落ちて、うまくすくえない」という

いらいらを抱えていたそうです。

そこで、このスコップは特殊な加工によって

滑りおちないで、すくいやすく、そして捨てやすい

という特長を持っていたそうです。

ただ、見た目はただのスコップ。

「すくいやすい」という情報を

効果的に、表現するため

「いらいらしない」とキャッチフレーズを付け

かつ、いらいらしがちな渋滞の多い道路際に

設置した所、爆発的に売上が伸びたとのこと。

スコップを買い求めに来るお客様は

こぞって、

「いらいらしないスコップはどれですか?」と

指名買いされたとのことです。

 

世の中に、優秀な性能を持つ商品は多くあっても

それを効果的に宣伝するには、

イデアが必要です。

このスコップの事例は、

それを的確におこなった良い例だと

思い、今回お話させて頂きました。

 

このブログを読んで下さっている方で

ビジネスをされている方も

使う方のお困り事は何か?

自社の製品がどう解決することが出来るか?

というアプローチから

キャッチフレーズを考えられては

いかがでしょうか?