読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともみの商売繁盛

日々好奇心を持って街を眺めています。 もともと、調査が専門だったので、 あちこちリサーチと称して見て回るのが好きです。 このブログでは、私が目にした「これは使える!」 と思ったものや、商売繁盛のヒントを綴っていければと思います

運動会の写真

こんにちわ。

今日は「会」ビジネスについて書きたいと思います。

「会」ビジネス?何じゃそりゃ?と

思われる方も多いかと思いますが、

運動会、同窓会、学芸会、最近では女子会など

いわゆる「会」がつくものに関するビジネスについてです。

で、なぜ今回「会」ビジネスかというと。。。

 

先日我が息子の運動会があったのですが、

まさにこれが「会」ビジネス!ということがあったので

お話したいと思います。

f:id:towmo:20150622124238j:plain

 

結構昔から、小学生や幼稚園などで運動会、学芸会、遠足の際に

いわゆる「写真屋さん」が撮影した写真を

1枚100円などで購入できるかと思います。

一昔前は、結構な人数が1枚の写真に写っていて

その中で映り込んだ我が子(もしくは自分)を

「あった!あった!」と探して購入していたと思います。

 

しかし、近年デジカメになり。。

大量撮影、大量現像が容易になり。。。

すごいです!

大勢の中に映り込んだ我が子を探すのではなく、

「まさに我が子のために撮った写真だ!」

というようなアングルが大量に。。

おそらく、大勢いる子供それぞれに何枚もベストショットが

撮影され、販売されます。

しかも、親が自ら撮ったものは遠くから望遠で撮っているのに

対し、カメラマンさんは、会場内で接写するので

アングルが違う!!

 

近年、デジカメが一般家庭に普及して学校行事などの

写真はあまり売れなくなったのでは?と

思われる方も多いのではと思いますが、

実は以前より買っているかも。。

(前回学芸会では、15枚買ってしまいました。)

デジカメって沢山撮影はするのですが、

自宅で現像って結構面倒であんまりしていないので

少し、お金はかかりますがクオリティーも高いので

ついつい大量に買ってしまいます。

全ての親御さんが私のように大量買いしているかは

不明ですが、毎回イベントで大量に写真が貼りだされている所を

見ると、ある程度の方は、この術中にハマっているのではと

推測されます。

 

この「会」ビジネス

以前にがっちりマンデーでも特集されてました

www.tbs.co.jp

 

今日のお話のまとめとしては、

デジカメの普及など、時流的な要因で、

衰退しているのは?と感じてしまうビジネスも

視点を変えて見れば、まだまだ可能性のあるビジネスになり得る

ということを感じました。