ともみの商売繁盛

日々好奇心を持って街を眺めています。 もともと、調査が専門だったので、 あちこちリサーチと称して見て回るのが好きです。 このブログでは、私が目にした「これは使える!」 と思ったものや、商売繁盛のヒントを綴っていければと思います

こんな所にもIT化?

こんにちわ。

今日は久々に釣り堀に行った時のことをお話したいと思います。

まずは、釣り堀の紹介を少し。

北海道の釣り堀は、ただ釣って楽しむだけでなく

釣った魚を料理して食べることが出来るのですが。。

f:id:towmo:20150713081717j:plainf:id:towmo:20150713081723j:plain

当たり前ですがまず、釣り堀で魚を釣ります。

1.9kgを釣り上げ満足な息子と、じーちゃん

(でもこんな大物食べきれるのだろうか。。。)

唐揚げにしてもらいました。

新鮮で美味しかった!

f:id:towmo:20150713081725j:plain

で、ココカラが本題。

ふと横を見るとLINE@の登録が。。

「誰も得しない情報」。。。って、

f:id:towmo:20150713081728j:plain

早速、登録!

f:id:towmo:20150713081732j:plain

まずは、無料クーポンGET。

続けてマスコットキャラクター「銀さん」に話しかけると

まさかの、返答。

たしかに、得しない。。

魚なのにテレビ見ている。

 

ここまで、すっかり術中にハマってしまったわけですが、

すごいなーと思ったのは、

釣り堀は、そう頻繁には行かないし、

ともすればすっかりその存在を忘れてしまいがちになる人が

大半かと思うのですが、

(我が家も新聞に載っていて思い出しました)

LINEなどで、時々メールが来て

思い出すことで、行く頻度も増えるのでと

思いました。

また、このTwitterbot機械による自動発言システム)

のような機能を使うことで、キャラクターと

話すような楽しみもできて

より顧客との接点が増えるのではないでしょうか。

 

再来店率を増やす最も有効な方法の一つは

顧客接点を増やすことです。

LINE@も、無料から始められるものなので、

手間はかかりますが、お金のかからない有効な

方策ですので、興味のある方は始められてはいかがでしょうか。