読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともみの商売繁盛

日々好奇心を持って街を眺めています。 もともと、調査が専門だったので、 あちこちリサーチと称して見て回るのが好きです。 このブログでは、私が目にした「これは使える!」 と思ったものや、商売繁盛のヒントを綴っていければと思います

イベント出店での実店舗への導入について

ちょっと前の話なのですが、

私の住んでいるところでは

年に一度のかなり大規模な

食の屋台のイベントがありましたので、

今日はその時の話をしたいと思います。

 

近隣の市町村などの

実際に店舗のあるお店が出店されているのですが

 

f:id:towmo:20151015082753j:plain皆さんさすが、自店の自慢の一品を出しているだけあって

どこもかな~り美味しいです!

もちろん、店舗の名前や所在地◯◯町や、◯◯市などは

看板に書いてあるのですが、

例えば、お持ち帰り出来る商品

ケーキとかお菓子とか買っても

商品の後ろのラベルなどをよ~~くみると

住所などが書いてはあるのですが、

イベントが終ったとに、

「よし次は実際の店舗にいってみよう!」という

取組がほとんどないです。

ホテルや、有名な店舗は、

「そうかこんな商品もあそこにはあるのだ」と

すぐ実店舗とイメージ出来るのですが

初めて知る店舗はそうはいきません。

 

そうゆう場合効果的なのが、

売るものの中に住所がわかるもの。

「◯◯のすぐそば」などわかりやすいもの。

来店時に使えるクーポンなど。

(これは、費用対効果にもよりますが)

 

こういったイベントは出店料や当日人件費、準備などを

考えると必ずしも儲けが大きくでるものではありません。

となると、実店舗を知ってもらう「広告宣伝」が

とても重要です。

 

イベントに出店されるときは

そういったことも踏まえた上で、

プランを考えることをおすすめします。