読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともみの商売繁盛

日々好奇心を持って街を眺めています。 もともと、調査が専門だったので、 あちこちリサーチと称して見て回るのが好きです。 このブログでは、私が目にした「これは使える!」 と思ったものや、商売繁盛のヒントを綴っていければと思います

名刺の個性

こんにちわ。

 

今日は、日経MJ 1月8日に載っていた記事を見て

思っったことを少し。。

「つかみ抜群 ユニーク名刺」として、

落花生???に名前を印刷したものや

クッキー、ラムネ、プラモデル型など

もらった相手は???となること間違いなしの

名刺が幾つか紹介されていました。

 

名刺は、自身の名前は勿論、会社名、肩書を相手に

覚えてもらうためのツールですが

「印象づける」というのは中々難しい。。

そうした場合、日経MJに載っていたユニーク名刺は

その場のインパクトは絶大です。

というか、挨拶程度で名刺交換しただけでは

顔と名前が一致しない。

ということはままあるのではないでしょうか。

 

そうした場合、こういったユニーク名刺は

かなりのインパクトがあり、

もらったその場で、名刺についてだけで、

話が出来そう!だな~と関心しました。

「あ~~~あの時のあの人か。。」

と思い出すこともできるかなとも思いました。

 

と、その場のインパクトは大のアイデアのこれらの名刺。

「じゃあ、うちも試してみよう!」となった場合、

1,コストがかかる(特注でしょう。多分。。)

2,本物の名刺がもう一つ必要

  (食べ物や、変形名刺は名刺入れに入らない)

などなど。。

で、なかなか実際にはできないのかなとも思うのですが。。

ここで、割とどなたでも試しやすい方法をご紹介。

 

ずばり、顔写真入りです!

「いまさら?」と思いの方。

名刺ファイルを今一度御覧ください。

案外載せている方は少ないものです。

そして、写真のない方の顔。思い出せますか?

顔を覚えるのが私はあまり得意ではないので

全ての方は思い出せません。。。(頂いた方すいません。。)

しかし、写真入の方で「はて、誰だっけ?」という

方はまずいません。

 

「写真入りは恥ずかしいよ~~~」と思われる方に無理して

おすすめはしませんが、

名刺本来の目的「覚えてもらう」ことを達成したい!

という方は、是非、試されることをおすすめします。

 

私も正直はずかしいな~~と初めは思っていましたが

こういったブログの執筆や、

日常の業務内容からも「自分が試さないでどうする!」と

思い、実行したのですが。。。

間違いなく効果があります。覚えてもらえる。

と言い切れます。

 

「はずかしい」をとるか「覚えてもらう」をとるか?

まずは、「えいや!」で写真入りをつくってみませんか?

f:id:towmo:20160118123708j:plain