読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともみの商売繁盛

日々好奇心を持って街を眺めています。 もともと、調査が専門だったので、 あちこちリサーチと称して見て回るのが好きです。 このブログでは、私が目にした「これは使える!」 と思ったものや、商売繁盛のヒントを綴っていければと思います

活気あふれるうどん屋さん

こんにちわ。

今週は、月曜が祝日ということで火曜日更新です。

 

さて、連休中に市内の某うどんチェーン店へ

子どもと行った時のお話を今日はしたいと思います。

 

このうどん屋さん。最近多くなった注文を席でするのでは

なく、カウンターで注文した後に

トッピングを自分でとってレジでお会計をする感じなのですが、

普段の休日も混んでいるのですが、

連休の最終日ともあってファミリー層、シルバーカップルなど

超賑わい。お店の外にはみ出そうなくらいの人でした。

 

で、頻繁にこのお店には行っているのですが、、、

(子どもがうどん好き)

今日はなんだか違う(いい意味で。。)

ん?いつもより数段活気がある?

こみこみの店内からなんだか楽しい声が。。

「お客さま!ちょっとお待ち下さいね!あと40秒!」

「お待たせしました!ご注文は~~」

「ちょーとまっててね~」

なんだか楽しいおばちゃんの声が・・

 

注文を受けているおばちゃん(おっと失礼)女性が

とても楽しそうに注文を受けてくれています。

ただ、声が大きいのではなく

お客さまをきちんとみてお話されている感じ。。

我が家の5歳の息子にも

「おに~ちゃんこんにちわ~~」と爽やかに挨拶していただきました。

 

で、注文し食べていたのですが、

「申し訳ありません~!満席になりましたので注文を一旦ストップいたしま~~す」

の声。

満席になってもこうやって声がかかるお店ってあまりないかと

思うのですが、一声かかると

なんだかお店の中が一体感が。

(そしてすぐまた、注文再開!)

 

と、こうして文字にするとあまり伝わらないな。。

とにかく、活気と明るさの伝わる。

コミコミでも気にならない雰囲気が店舗全体に広がる

接客だな~と

思いました。

次にいく時には、

「あのおばちゃんいるかな~」と思うくらい。。

 

今の飲食店はどこもサービスは一定レベルにあり

差別化は難しい状態ですが、

こんな名物?になれるくらいの楽しい店員さんが

いるというのは差別化になるのではと

感じました。

 

◯亀製麺 旭川

(いつもこの方がいるかは不明。。)