読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともみの商売繁盛

日々好奇心を持って街を眺めています。 もともと、調査が専門だったので、 あちこちリサーチと称して見て回るのが好きです。 このブログでは、私が目にした「これは使える!」 と思ったものや、商売繁盛のヒントを綴っていければと思います

日本のランドセルとインバウンド消費を考える

こんにちわ。

今日は2016.4.10放送の北海道経済ナビで富良野

廃校を利用した万華鏡ミュージアムをやっていた時に

「へ~~」と思ったお話を。

 

こちらの施設。廃校の小学校を利用して

色々な万華鏡を展示している所なのですが、

その教室の1つに無造作に

「ランドセル」があり、

リポーターがそれを聞いた所、

「タイの観光客の方は、日本のアニメを良く見ているので

ランドセルを実際に背負って写真をとったりされている」

というようなお話をされてました。

f:id:towmo:20160411123810j:plain

そういえば、このお話以外にも

アジアの富裕層の方がご自身のお子様に

買われて行ったり、

ヨーロッパ(たしかフランス)のエッジの効いたお洒落さん(表現が古い。。)

の間で流行(どれだけ流行っているかは不明)とか

ランドセルについてたびたび海外で評価されている

お話を聞いたことがあったような。

それで、ちょっとコスプレ感覚で写真撮影を楽しんでるのではと

思いました。

 

では、実際に買う?ということですが、

そういえば、アメリカの子どもランチバック(カンの入れ物)が

雑貨店で売られていたり、

アジア(ベトナムとか)のお弁当箱とかも

日本で売られていて

(すいません。弁当つながりばっかり。。食いしん坊がバレる)

その土地土地の生活の一部のものって

なんだか、あこがれというか

「これいいな」って思っていたりしますよね。

 

で、前者のお弁当箱とかは比較的安価でも

海外に行った時にも

その土地の民族衣装とかちょっといいかも。。

とか思っても「けっこうするな。。」と思って

「いやいやこの値段はちょっと。。」と

買わないことってありませんか。

 

ランドセルも新品だと、かな~~り良い値段ですよね。

フランスのお洒落さんやアジアの富裕層の方で

「本当にほしい!」と思う人以外は恐らく買わないですよね。

でも、もしかするともう少し安ければ。。

買う人はいるはず。???

 

そこで、ちょっとご提案

ステップ1 ランドセルの写真撮影スポットを準備

      (学校がベストですが、それらしい雰囲気でもOK)

      ランドセルは知り合いからもらってもOK!

      リサイクルショップで格安で購入OK!

 ステップ2 もし、欲しい人がいたら、

      新品がほしい→売っている所を案内

      中古がほしい→売ってる所を案内

ステップ3 で、どちらも結構売れれば、仕入ておく

 

といった感じで、「ニーズ」と収益が結びつくんじゃないかと。。

 

これって、

実は最近観光地のホテルでたびたび見つける

和服貸出→販売(リサイクル着物)の図式と一緒です。

着物は日本を観光すればわりとどこでもありますが、

ランドセルはまだないはず。。

 

今回は、ランドセルを例に上げましたが

こうやって、ニーズを考えて売上につなげる仕組みを

考えてはと思いました。

 

そういえば、最近市内のリサイクルショップでも

外国の方をよく見るな~~と

思ったのでちょっと考えてみました。