読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともみの商売繁盛

日々好奇心を持って街を眺めています。 もともと、調査が専門だったので、 あちこちリサーチと称して見て回るのが好きです。 このブログでは、私が目にした「これは使える!」 と思ったものや、商売繁盛のヒントを綴っていければと思います

ターゲットをイメージする時に。。

こんにちわ。

今日は日経MJに先日載っていた記事について

考えることがあったお話を。。

まずは、こちら↓

f:id:towmo:20160613122825j:plain

 

記事の内容は、

最近は、雑誌よりもスマホで情報を入手するので

雑誌が売れない。。というようなお話なのですが、

私が、お付き合いするお客様に

お客様のビジネスのターゲット(想定される顧客)を

イメージする時に、

使えるツールとして

よく取り入れるのが、実は雑誌。です。

実際にターゲットを検討するには

もっと、その地域ごとの特性などを考える必要があるのですが

そもそも「ターゲット」って何??っていう

考え方を説明する時に、

例えば、30代の主婦層がターゲットなら

VERYや、Martなどの雑誌や、

ちょいワルオヤジ(古い!)なビジネスマンなら

Gainerやレオン(レオンな人はまあ極端ですが。。。)といった

ように、まず取っ掛かりのイメージを掴むために

ざっと目を通すことをオススメしています。

そうすることで、どうゆう効果が生まれるか?ですが、

いつも来店されるお客様の服装や雰囲気が

なんだかその雑誌に載っているものに似ている??

となると、

ギフトラッピングなどを考える時に、

雰囲気を似せれば、来てくれるお客様のハートを掴める?

とかヒントが得られるのではと思うのです。

という具合に、イメージを掴むためにオススメしていた

雑誌ですが、

今の20代や、30代、ともすれば全世代に

使えなくなるかも。。とこちらの記事を見て思ってしまいました。

 

一昔(いやふた昔??)前は、紺ブレと言えばみんな紺ブレ。。

ティラミスと言えばティラミスと、

東京で、パンケーキが流行れば、パンケーキと

首都圏を見ればその後の流行が読める次代は、昔。。

雑誌でイメージを考えるのもナンセンスな次代へ!

と。。。なっているのだなと改めて実感した次第です。

 

じゃあそうなった時にどうすればいいか。。

これからは、雑誌や広告などのマス媒体だけでなく、

もっと小さい単位で、ターゲットのイメージをつかまなくては

いけないのだな~と。

となると、今はMERY(アプリ)やらInstagramやら色々な所から

情報を集めているに違いない人々、、、

の心を掴む必要が~~~ある!

 

で、ビジネスにどう活かしていくか?ですが、

ネットでターゲットとなる顧客がどうやって情報を

入手しているかなどを知る必要があるなと。。

これが、聞ければな~~~と。

(恐らくこれ結構ハードル高い)

 

すいません。今日はちょっとまとまりがない。。

ですが、

ターゲットの思考も右向け右!では無くなった現代に於いて

顧客の♡を掴むためには、

色々な検討をしなければいけないなと、改めて感じました。

きっと、こうやれば間違いなし!というのはなく、

試行錯誤が必要なのではと思います。

 

(イメージを掴むだけなら雑誌もまだまだオススメですが。)