読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともみの商売繁盛

日々好奇心を持って街を眺めています。 もともと、調査が専門だったので、 あちこちリサーチと称して見て回るのが好きです。 このブログでは、私が目にした「これは使える!」 と思ったものや、商売繁盛のヒントを綴っていければと思います

自社の魅力を伝える 求人にて

こんにちわ。

いつもこのブログでは自社の魅力をいかにして伝え

商売繁盛を目指すか?についてお話しているのですが、

 

今回は求人についてのお話をしたいと思います。

f:id:towmo:20160807230822j:plain

求人の募集、特に合同企業説明会等での説明は、

もちろん開催の募集時から

「この企業の話を聞きに行こう!」と思って

来る人が大半ですが、いくつかのブースを周る中で

「聞いてみようかな?」と思ってくれて

それがきっかけで。。というような、まさに一期一会の場です。

 

そして、いざブースで説明をする際は、

あたりまえですが、

・自社の業務内容

・待遇(給与等)

そして、

・企業理念

・自社のヴィジョン(将来の展望)

・社内の雰囲気

・入社後の教育の流れ

・社長がどんな人か

・業界の今後の動向と自社の今後の在り方など。。。。

など、会社の人間でしかわからない内容を

いかにして、嘘をつかず!!(ここ最重要!)

魅力的だと思ってもらい(興味を引き)

その後の個別の企業訪問、採用面接につなげるか。

 

それも、(ここもとても重要!!)

ただ人数を集めるのではなく

有能!な人材で、さらに、自社の理念や考え方に

あいそうな人材をGET出来るか!という

大変重要なMissionを持っています。

 

さらには、近年は「㈱◯◯の評判」と検索するだけで、

元社員の声なども閲覧することが出来

(大企業でなくても結構載ってます)

「説明会や面接の内容は嘘っぱち!」などと言われれば

まさに逆効果!

まあ、このレベルことは当然として。

今や会社の評判は良くも悪くもネットで検索できる時代。ということ。

は、、さておき、、

 

私も自社の広報の一環としてこの求人の募集や

自社の紹介を担当しているのですが、

一番!!!(これ重要!)緊張するのは、

良くも悪くも会社の第一印象が自分が与えるということ。。

これは、いつの説明会に行っても

当然ですが、会社訪問の対応をしているときも常に念頭に入れ

身が引き締まる思いなのです。

で、いつも気をつけていることは

「よく見せよう」とか

「よく話そう」とかではなく、

「自分が考えている。本当に思っているいい所を分りやすく話そう」ということ。

これは、まさしくいつも私がブログで書いている

「自社の魅力をどう伝えるか」ということと同じです。

それは、お客様ではなく一緒にこれから働いてくれるかもしれない方々に

対しても同じです。

 

そう考えると、求人の広報対応も、営業活動も

・自社の魅力をどう伝えるか

  その対象(求人者、お客様)にとってどういうメリットや

  いいもの(求人者=働く環境や仕事内容、お客様=商品・サービス)

  を提供できるか

を伝える方法を考えることなんだなと、

そして、対応するときには「自分が印象を決める要因になる」

(接客対応等)は本当に重要な要素なんだなと。

 

いい人材も商売繁盛の重要な要素なので今回取り上げました。

自社の魅力を伝えるというのは、

「これで完成!」というのはないと思いますので

常に、考え続けなくてはと私自身も思いました。