読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともみの商売繁盛

日々好奇心を持って街を眺めています。 もともと、調査が専門だったので、 あちこちリサーチと称して見て回るのが好きです。 このブログでは、私が目にした「これは使える!」 と思ったものや、商売繁盛のヒントを綴っていければと思います

珍しく、ドラマを見ていて。

今日はたまたま偶然見たドラマで、

「おっ」と思ったお話をしたいと思います。

 

何のドラマかと言いますと、

北川景子さんが主演している

「家を売るオンナ」

 

これは、ご存知の方も多いかと思いますが、

ちょっと風変わりな不動産営業の女性のお話です。

(詳しくは検索などされ御確認ください)

 

で、先週の回で、事故物件(殺人事件現場)を

売るというお話が出てきました。

まあ、ドラマですので

大げさに「でる~~~(幽霊が)」とか

コメディタッチにお話は進んでいくのですが、

事故物件、かなり安くしてもなかなか売れない。。

そこで、、、、

というのが、今日お話したかった内容です。

事故物件なので、買い手が見つからない。。。

で、どういった対応をとったかというと、

 

近隣の病院と、葬儀屋さんにチラシを配ったと。

で、そのチラシを見た手術室担当の看護師さんが

見学に来られご成約。というお話になっていました。

 

こんなうまくはいかないとは思いますが、

ここで「ほ~~~」と思ったのは、

この物件を売ろうとした時に、

ネック(事故物件)となっていることを

どうすれば克服出来るか?

を、考えターゲットを絞って販促を行ったこと。

 

もちろんテレビのドラマですので大げさになってはいますが、

マーケティングの視点を端的に分かりやすく表現したエピソード

だったなと思います。

ビジネスをされている方も、

「もしうちがドラマになったら。。。」なんて

考えると新たな視点が見つかるかもと思いました。