読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともみの商売繁盛

日々好奇心を持って街を眺めています。 もともと、調査が専門だったので、 あちこちリサーチと称して見て回るのが好きです。 このブログでは、私が目にした「これは使える!」 と思ったものや、商売繁盛のヒントを綴っていければと思います

動画広告の今

こんにちわ。

 

今日は、まずこちら。

f:id:towmo:20160926082505j:plain

f:id:towmo:20160926082815j:plain

なんのことを言いたいかというと。。。

f:id:towmo:20160926082821j:plain

これ!最近ショッピングモール、

スーパーや、病院でかなり目にするようになったデジタルサイネージです。

 

こういった動画での広告は以前は比較的規模の大きい企業

(広告予算をある程度使える企業)が

ほとんどでしたが

(札幌駅のJRから地下鉄に移動する所とか)

最近は、月数万の運用費で広告を出すことが

可能な場所も多く

(その分見てくれるお客さんが限られたりしますが)

中小の企業でも導入しやすくなってきました。

 

これらの「デジタルサイネージ」と言われる広告のメリットですが、

・動画で動くので目に入ってきやすい(ポスターとかより)

・見てほしい潜在顧客の目に止まる場所で出せる。

 (ターゲットにきちんとあっている場所かを見極めるのが重要ですが)

・比較的安価

・印刷物よりタイムリーな記事を掲載出来る

・効果次第では修正もしやすい(印刷の手間とかないので)

・ある程度技術があれば作成は自分で出来る

などなど。

目新しさもあってかかなり注目されています。

 

こちらのデジタルサイネージ

小さなものでは、スーパーや、薬局などでも最近特定の商品だけを

宣伝したものが、陳列棚にあったり、

何気なく前をとっても何々???と足を止めたりしてしまいます。

 

で、導入するためにはどうしたらいいか??

ステップ1(最重要) 場所

自社のビジネスが、その設置されている場所で

見るであろうお客様が通るとこなのか?

(ターゲットとあまり関係ない所に設置しても意味ないですよね。)

 

ステップ2 表現方法

お菓子であれば素材の良さなどを

いわゆるTV CMの「シズル感」

英語の擬音語で、肉を焼く時のジュージューいう音のことをシズルsizzleと言いい、そこから転じて人の感覚刺激する感じのことを指し広告デザイン世界では、瑞々しさというような意味で使われたりします。

の効果を発揮出来るような演出や、

サービス業のサービスであれば、

「これ、私のことだわ!」「え~~そうなの~~」というような

共感を呼ぶような内容が織り込まれていることが

重要です。

 (ほかにも導入するために検討することはありますが。。)

プラスα

こういった動画の作成ですが、

PCはネットとメールだけ。。というわけではなく

「年賀状とかは作ったことあるよ~~」という方は

実は比較的かんたんに作れたりします。

iPhoneとかのアプリでも出来てしまうほど。。

まずは、自社のショールームや待合室で試してみたい

という方も比較的手が出しやすいのではと思います。

 

こういった目新しい何かを実施する時には、

「えい!」っと費用や設備をかけなければいけない場合が

多いのですが、

デジタル化のこの世の中、わりとその障壁が

下がっているのではと思いました。