読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともみの商売繁盛

日々好奇心を持って街を眺めています。 もともと、調査が専門だったので、 あちこちリサーチと称して見て回るのが好きです。 このブログでは、私が目にした「これは使える!」 と思ったものや、商売繁盛のヒントを綴っていければと思います

年末、年始とイベントシーズン到来!

こんにちわ。

この時期になると、、

考えなければいけない。。そう、

年末年始の世の中のイベントに対して

自社がどうすべきか。ということ。

 

前回、クリスマスカードのお話をしましたが、

今回もそんなお話をしたいと思います。

 

実店舗を持ったビジネスをされている方、

物販をされている方は、もちろん!

クリスマス商戦ですね~ まあこれは言わずと知れた

クリスマスプレゼントですが、

 

ここで、今日お話したいのは、それ以外のことについて。。

 

その1

年末年始、一年頑張ったということで、

「自分にご褒美」商機を起こさせるというもの。

例えば、エステなどのサービス業などでは、「自分磨き」とか、

何か商品を売っているところも

「1年間のご褒美」とか

とにかく、

見ている人に「あなたへのご褒美に!」と

思わせるキャッチを考える。

 

 

その2

また、年末「来年のため」、年始「今年のため」に

「今見直しませんか?」というもの。

例えば、保険やリフォームなど。

 

保険などは、本来は契約更新のタイミングでの見直しが

一番ですが、それは人それぞれ。

1年の区切りを利用して改めて見直しをしてもらう。

そして、いざ切り替えのタイミングには

DMや、電話をしてご連絡する。

とか、

 

他の業種では、例えば

リフォームとかも考えられるかも。

 

リフォームも色々タイミンがあり

業者の方から、

「◯◯の時期が一番集客できるので、年末年始はそんなに集客できないよ」

という声が聞こえてきそうですが、、、

 

年末。。それは大掃除のシーズン。

改めて家の中を見直し、、、「収納が~~~ぁぁ」と

思っている人もいるかも知れない。。。

と仮定するなら、

年末に、収納のプチアイデアなどと連携して

リフォームのご提案をするのも。。ありかも。。

と考えられるのでは???

 

今日のまとめ。

上記の例え話の様に、

「年末、年始」というキーワードと

自社のビジネスのターゲットとなる人を重ね合わせた時

どんな行動をされるのか、

そして、自社の商品をオススメする商機はないのか

を考えてみてはいかがでしょうか?

もし、思いついたら店頭のPOP一枚、

接客の一言から実践できるお金のかからない所から

初めてはいかがでしょうか。