読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともみの商売繁盛

日々好奇心を持って街を眺めています。 もともと、調査が専門だったので、 あちこちリサーチと称して見て回るのが好きです。 このブログでは、私が目にした「これは使える!」 と思ったものや、商売繁盛のヒントを綴っていければと思います

2017年! モノより思い出と所有欲

お休みされていた方も、かき入れ時でお忙しかった方も

皆様あけましておめでとうございます!

 

今日は、相反する内容でちょっと面白いな~と思ったお話を

したいと思います。

 

まずは、こちら!

f:id:towmo:20170104111232j:plain

北海道新聞の1月3日号に掲載されたこの記事。

今の30台以下は、節約志向で。。

f:id:towmo:20170104111237j:plain

コト消費 モノより思い出の体験が喜ばれる。。

が、、、1回あたりの支出が少ない。。

工夫が必要。。という記事。

 

そして、こちら↓

f:id:towmo:20170104111241j:plain

年末の日経MJに掲載された記事。

団塊ジュニア(45歳近辺)は、、、

f:id:towmo:20170104111246j:plain

買うならいい物を。

いいものは買う!ブランド物の所有欲もある!

という記事。

 

この2つの記事。

若者は、所有欲(人よりいいものがほしい)がなく、

その代わりに共有(SNS等の発達)が鍵。

 

45歳以上は、SNS等での仲間と共有するという意識はあるものの、

人よりいい物を所有したいという欲求がある。

という、共通性はあるけれど一方は「買わない」、一方は「買う」という

選択。

 

この記事を読んで面白いな~と思ったのは、

同じ2017年を生きていても、今まで育った環境や

ライフステージ(年代)で、買い物や行動も違ってくる。ということ。

となると現代にビジネスをしている者にとっても

「今は昔のようにものが売れない」

「時代が変わったからしょうがない。。」と

一面的にものを見るのではなく、

自社のターゲット(メインとなるお客様)がどんな人なのか、

どういった行動思考を持っているのか。

そして、そういうお客様にどうアプローチするべきなのかを

考えた上で行動していかなければいけないなと

改めて感じました。

 

そう言えば、年末のクリスマスにこんな記事を目にもしました。

今時の若者(20代以下)は

「クリスマスはめんどくさい」のだそう。。

バブル期以降は、カップルでデート、高価な贈り物が

世の中のスタンダードでしたが、

今は、一人で過ごすことを「クリぼっち」(クリスマスひとりぼっち)

だとかなんだかネガティブなイメージにとらえられたり。。

(クリぼっちも定番化してそれに合わせた商戦もあったり。。)

それよりもみんなで楽しめるハロウィンのほうが盛り上がって

実際に消費行動も発生し、売上規模も伸びているそう。。

 

世代や時代によって捉え方も様々。。

2017年の初めとして、

自社のターゲット(お客様)とアプローチ方法(販促プラン)を

改めて考えてみてはいかがでしょうか。

 

今年もよろしくお願いいたします!