ともみの商売繁盛

日々好奇心を持って街を眺めています。 もともと、調査が専門だったので、 あちこちリサーチと称して見て回るのが好きです。 このブログでは、私が目にした「これは使える!」 と思ったものや、商売繁盛のヒントを綴っていければと思います

繁忙期が終わったら。。

こんにちわ。

年末、年始、飲食業、小売業の方は

大忙しまっただ中な方も

多いのではないでしょうか。

この時期は、とにかくその忙しさを乗り越えるといった

最中でしょうか。

 

さて、年末や、お盆の時期が、終わったら。。

いわゆる「にっぱち」2月8月閑散期という

方も多いのではないでしょうか。

 

今日は、お正月後の閑散期にお客様を

呼ぶちょっとした工夫について綴りたいと思います。

 

例えば、自社がマッサージ店だった場合

まず、一般的に年末年始が忙しい職種を

考えます。

バーゲンまっただ中の販売業など、

年末、年始に広告を出している(売り出しを企画している)

ところなど。。

逆をかえせば、それら年末、年始忙しくなる分

それらの方々は、2月には閑散期になる可能性があります。

 

そこで、

1月の忙しさが一段落ついたら。。。

それらの会社、業種のお客様に

DMを打ちます。

それも、ただ打つだけではダメです。

「年末年始、売り出しで疲れた◯◯様に。。

 特別なお知らせ」

そのお客様の事情を踏まえて

特別感がでないといけません。

 

ちなみに、弊社は会計事務所なので

他業種とは異なり、

5月が最も忙しく、6月にお疲れ様という気分になります。

その時期に、

「お疲れ様です!」とDMがもし来たら

 響くな~、

と思うのですが。。

 

ただ一方的に、季節の繁忙期、閑散期を

見ていくのではなく

お客様ごとの事情(自身の商圏内の顧客)を

考えれば、

ビジネスチャンスがあるかもしれない。

それを探してみては、いかがでしょうか。。